人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

MRI検査 〜 子宮筋腫のこと Part 5

おはようございます、はにーです。

今日も子宮筋腫の話の続きです。
でもでも、他に昨年の旅行のことも全然書いていないので、そちらも平行してこれからは少しずつ書きたいと思っています。

初受診の日、先生から提案されたのは
- MRIを撮って筋腫の位置と大きさを詳しく把握する
- 血液検査をする
という次の検査でした。
この2つの結果を見て、今後の治療については考えることになりました。

血液検査はその日の診察の帰りに済ませることが出来、MRI検査は翌週受けることになりました。
大きな病院だとMRI検査を受けるのに数週間待つ、という話を聞いたのですが、この病院では割とささっと受けることが出来るようです。
MRI検査前のチェックリスト的なものがあり、それを初診の日に書いて提出したのですが、項目に
「タトゥーやアートメイクの有無」
がありました。
私は眉毛のアートメイクをしているのでその点問題ないかを先生に伺うと
「反応したとしてもちょっと熱くなるくらいだよ、大丈夫」
とのことだったので、安心しました。

MRI検査は平日のアサイチに受けたのですが、事前に以下のような注意事項がありました。
- 検査予約時間の6時間前から絶食
- 検査1時間前からは水や常用薬の摂取もダメ
- 検査当日はアイシャドウ等のメイクアップは控える (金属成分が含まれている可能性があるため)
そのため、この日はアイメイク無しで検査に向かいました。

初めてのMRIだったのでドキドキしていましたが、思っていたよりもすんなり終わりました。
よく「ガンガンうるさいのが苦痛だった」という話を聞きますが、私は「出来るだけ体を動かさない」の方が苦痛でした。
台の上に乗り、体が動かないように固定され、更に動かないようにお腹の上に重しを置かれました。
お腹を動かさないように呼吸にも気を配るように言われ、難しい…と悩んでいるうちに、機械の中に入れられました。
そうそう、頭部は機械の外だったので閉塞感を感じずに済みました。

検査が始まると、ドンドンガンガン色々な音がします。
撮っている画像の角度によって音が違うのかな?などと思いながら、とにかくお腹を動かさないように気を配って検査を受けていました。
検査中はずっとヘッドフォンからクラシックが流れていましたが、ドンドンガンガンが始まるとその音楽さえ聞こえなくなります。
でも私はそのうるさい音よりも、動いちゃダメーと言われたことが気になり緊張してしまい、逆にもぞもぞしてしまいました。
そのため「動かないでくださいね〜。我慢しましょうね〜。もう少しで終わりますよ。」と技師さんから言われてしまった程です。
ちょっと恥ずかしかったです。
ちなみに検査中、何かあったら押してくれというブザーを手に握らされました。
押すことはありませんでしたが、このブザーは少し安心感を与えてくれました。

検査は全部で30分くらいだったでしょうか?
前後の着替えも入れて、全部で1時間強程度でこの日は病院を後に出来ました。
この日は事前にボスに断ってフレックス出社させてもらったのですが、検査が朝一番だったので30分も遅れずに出社出来ました。
会社に病院が近いと、やはり便利です。
by aipooh55 | 2013-05-01 10:04 | 子宮筋腫