人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

入院6日目・手術後4日目 その3 (正しい選択とお見舞い) 〜 子宮筋腫のこと Part 35

おはようございます、はにーです。

悪かった体調ですが、だいぶ良くなってきました。
今週2度目の診察で詳しく検査をした結果、手術の影響から来る痛みではないと分かり、安心しました。
今はお薬を飲みながら、先生曰くの「治るの待ち」です…
2〜3日で良くなるはず!とのことです。
退院後は殆ど飲むことが無かったロキソニンを手放せない痛みですが、若干良くなっている気がするので、やはり「治るの待ち」なんでしょうかね。

今日も子宮筋腫の話です。

入院6日目、手術後4日目の月曜日の話の続きです。

17:00、この日4回目の病棟内ウォーキングをしました。
3周を10分くらいなので、だいぶ早く歩けるようになりました♡

部屋に戻ると、この日の担当看護師さんが交代のご挨拶にいらっしゃいました。
そうそう、この日の看護師さんに聞いたのですが、こちらの病院は全体的に腕の良いお医者様が多いそうです。
最近移られて来たという看護師さんだったので、以前の勤務先と比較されての発言でした。
こちらの病院が3〜4ヶ所目の勤務先とのことです。
移られてから私を担当するまでの間に4〜5人の患者さんを担当され、手術後のキズを見られたそうですが、それらを見て
「ここの先生はみんな切るのが縦でも横でも短い!」
と思われたそうです。
それは上手な証拠で、そして
「キズをとめるのも(縫うのも)上手で、キズがとてもキレイ」
と感じられているそうです。
このお話を聞いて、私のチョイスは正しかったわ〜と嬉しくなりました。

17:20、手術後、初めて良い形の便通がありました。
前日に本当の手術後初便通があったのですが、少量で下り気味で、ちゃんと出た感じがしなかったのです。
でもこの時はキッチリでて、スッキリしました。

この後、この日の夜勤の看護師さんがご挨拶にお見えになりました。
入院初日の担当の方で、今回が3回目の担当です。
一番お世話になった方です。

18:00、ディナーの時間です〜。
でもまだペースト状…
e0186017_8402013.jpg

この日のメニューは
- 豆腐の野菜あん 人参と冬瓜(をペースト状にしたもの)
- カブのあんかけ(をペースト状にしたもの)
- 白菜とタマネギのおひたし(をペースト状にしたもの)
- ブロッコリーと人参の煮物(をペースト状にしたもの)
- おかゆ
- 具ナシのお吸い物
- 練り梅
- ヤクルト
- ほうじ茶
でした。
こうして書き出すと、お野菜たっぷりのヘルシーメニューです〜。
ペースト状になってしまっているので、お野菜たっぷりにはあまり見えない外観ですが…

18:10、ディナー中に会社のお友達がふたり、お見舞いに来てくれました!
オフィスから2駅と近いですが、沢山お喋り出来るようにと定時前にフレックスを使って早く出て来てくれました♡
Mちゃん、Yちゃん、ありがとう!

ふたりが持って来てくれたお花がとてもキレイで…
e0186017_8404467.jpg

病室が明るくなりました!

今回お見舞いに来てくれた友人のうちひとりは物凄い天然キャラで、いつも彼女のふとした発言でみんなが大笑いすることが多く、この日も面白発言が沢山あって…
笑うとお腹が痛いので我慢していたのですが、普通の会話の中で面白発言が出るので不意を突かれて笑ってしまい、痛い思いをしました。
天然キャラの友達のお見舞いは、キズが痛む間はお断りした方がいいかも…
かなりやられました!
そう思いつつも、ふたりが来てくれて色々な話が出来て、本当に楽しかったです。

実はふたりの姿を見た瞬間に、ちょっと嬉し涙が出ました。
毎日会う人が限定されていて、寂しかったのかもしれないです。
このふたりと、この時はちょうどバケーション中でお見舞いに来られなかったAちゃんに私を加えた4人組は、今の会社に転職してきた時期が近い仲良しグループです。
このグループには私が子宮筋腫で病院に通い始めた時から話をしていて、薬の副作用で苦しんだり、貧血で辛かったりしていたのを全部話して様子を見てくれていたメンバーです。
私の体を気遣い、そして手術を決めてからは毎日のように私を励ましてくれていた大事な友達なので、元気になった姿を見せられて嬉しかったのと、単純に一週間ぶりに会えて嬉しかったのと、あと寂しくなった頃に会いに来てくれたのが嬉しかったのと、そんな色々な気持ちが混ざった結果、涙が出たみたいです。

19:00、看護師さんが現れました。
夜の検温などの時間です。
熱は36.8℃で問題ナシです。
看護師さんに友人たちを紹介し、少し一緒にお喋りしました。

19:40、ダーリンが現れました。
友人たちとダーリンは面識があるので、4人で楽しくお喋りをしました。

20:00、あっという間に面会時間、終了です。
ご飯も食べずに私とのお喋りに付き合ってくれたふたりには大感謝です。
2時間弱があっという間でした。
ありがとう♡

ふたりが帰ってから、しばらくはダーリンとお喋りして過ごしました。
この日は沢山喋ったなぁ。

20:25〜、夜の吸入の時間です。
吸入、いつまでやるのかしら?
全然もう痰は出ていません…

21:00、看護師さんが現れました。
この日は本当に点滴が落ちるのが遅くて、この時点で予定の点滴が1.5本くらい残っていました。
点滴が終わらず、また夜中まで続けるのかしら…と心配になっていたのですが、看護師さんが先生に聞いてくださったそうで、残りはナシでOKになりました。
ふぅ〜。
食事を食べ始めているので、減らしても大丈夫なようです。
どうしても、な点滴を先にしてくださったお陰で助かりました。

この後、ダーリンと看護師さんとしばらくお喋りをしました。
この夜は本当にお喋りし過ぎ〜!
色々な話題で盛り上がり、だいぶ長く看護師さんにお部屋にいていただく結果に…
看護師さんも楽しんでいたので、大丈夫かしら。

21:35、ダーリン、帰宅です。
この日もエレベーターホールまで送り、その後はお部屋の窓から外を歩くダーリンに手を降りました。
そしてまた車が見えなくなるまでお見送りしました。

22:00、お見舞いに来てくれた友人たちにお礼のメールを出してから、洗顔、スキンケア、ハミガキをしました。
そして先生に処方していただいた痒み止めをお尻に塗り、ベッドに潜り込みました。

沢山お喋りをしたので、結構疲れました〜。
お休みなさい!

あれ、シャンプーが引き起こした事件は?という感じですよね。
それはこの日では無く翌朝におきました。
こんなに話を引き延ばすような大きな事件では無いので、ちょっと書くのが恥ずかしいかも…
by aipooh55 | 2013-05-31 08:39 | 子宮筋腫

入院6日目・手術後4日目 その2 (キズとご対面) 〜 子宮筋腫のこと Part 34

こんばんは、はにーです。

仕事に復帰して以降、ちょっと無理をしてしまったせいか、今週は予定外の診察を受けることに…
まだ体は元には戻っていないのに気持ちだけは元気なので、そのギャップのせいで体に無理をさせているのかな?と自己分析中です。
先生に診ていただいたのに、具合が悪い原因が特定出来ていないので、今は少し(いや、かなり?)心配です。
朝には元気になっていますように…

さて、今日も子宮筋腫の話です。

入院6日目、手術後4日目の月曜日の話の続きです。

11:00、無事シャンプーを終え、看護師さんからもらったホットタオルで体を拭きました。
背中は看護師さんが手伝ってくれたので、それ以外を自分で丁寧に!
腹帯も外してしっかり拭きましたが、お腹を切ったキズの上には巨大な絆創膏が貼られていて、キズは見えません。
早く見てみたいような、見たくないような…
ホットタオルで全身を拭いてスッキリしたので、新しい部屋着(パジャマ)に着替えました。

11:10、看護師さんが様子を見に来てくれたので、体を拭き終わったことを伝え、タオルをお返ししました。
この時に気になっていたことを伝えました。
それは「足の指がシビれている」ということです。
この日にはもう、ベッドを倒したままで寝起き出来るようになり(でもまだ、まずはベッドの上で横向きになり、そこから腕の力で起きたり寝たりです。 腹筋を使うと痛い…)、ベッドの上でも色々な体勢を取れるようになってきていました。
この日の朝、何となくベッドの上で正座をしてみたら、右足の親指と人差し指がシビれていることに気付きました。
いつからかは不明ですが、手術後すぐには無かったシビれです。
それを看護師さんに伝えると、先生が回診にお見えになった時に伝えましょう、と言われました。

11:20、再び看護師さん、登場です。
この日のお昼から飲み始めるロキソニンを持って来てくださいました。
もう点滴では無く、飲むタイプの鎮痛剤になったようです。
Yay!!
これで点滴の本数が減るかな?
そう思った途端にこの日の点滴、スタートです。
まずはこの見慣れた3本セット…
e0186017_0321340.jpg

点滴をしながら、おとなしく読書を楽しみました。

12:05、ランチが運ばれて来ました。
そして仕事途中にダーリンが私の様子を見に現れました〜。
運ばれて来たランチを見て、少しは食べ物らしくなって来たね、とコメント。
そう、確かに前日は完全に「飲み物」で、スプーンすら要りませんでしたから…
そしてダーリンとお喋りをしながら、また頑張って左手にスプーンでランチをいただきました。
e0186017_0321558.jpg

メニューは
- おかゆ
- 具ナシのお吸い物
- お麩、ほうれん草、人参の煮物 (をペースト状にしたもの)
- トマトとホワイトアスパラガスのサラダ煮物 (をペースト状にしたもの)
- 大根と人参の煮物煮物 (をペースト状にしたもの)
- 練り梅
- ヨーグルト
- ほうじ茶

ちなみにお食事のお味はとても良いです。
ペースト状でもこれだけ美味しいんだから、普通の状態だったらどれだけ美味しいんだろう?と考えながらいただきました。
きちんとサラダは冷たいペーストで、煮物は温かいペーストで出てきます。
ただやはりおかゆは苦手です…
私の好きな練り梅と一緒に食べながらでも、やはりあまり多くは食べられません…
頑張って7〜8口は食べました。
ちなみに残りを少し、ダーリンが食べて行きました〜。
お米ならばおかゆでもなんでも好きだそうです。

そしてランチ中に嬉しいゲストが登場です。
手術の前日にも励ましに来て下さった、外来の看護師さんが様子を見に来て下さいました。
嬉しい♡
元気そうね〜と言われ、つい嬉しくなり、ランチを食べる手を止めて立って歩いて見せちゃいました。
少しお喋りをして、安心した様子で看護師さんは部屋を去られました。

ランチを食べ終え、初のロキソニンを飲みました。
これから毎食後、自分でしっかり忘れずに飲むようにしなくては…
そしてランチを食べ終えた私を置いて、ダーリンは再びお仕事に向かいました。

13:20、食後の運動〜ということで、病棟内ウォーキングへ。
2周して病室に戻り、その後はBlu-rayで海外ドラマを見てしばらくのんびりしました。
シャンプーで結構体力を使ったようで、疲れちゃっていました。

14:20、看護師さんが現れました。
午後の検温、血圧測定などの時間です。
熱は36.9℃、ギリギリ大丈夫な体温だと言われました。
37℃を超えると先生に伝えるのかしら?
お腹の音のチェックもありましたが、問題ナシです。
この時、昨夜痒かった右のお尻の痒みを確認されました。
まだ痒いと伝えると、それも回診の時に先生に伝えましょうね、と言われました。

15:05、病棟内ウォーキングへ〜。
1周したところで主治医のA先生に捕まりました。
5秒くらい探していたよ、と言われ、一緒に部屋に戻りました。
多分また歩いているんだろうなと思ってスタッフステーションの方に向かったら、私が見えたそうです。

「お腹のキズ、見せて」
と言われたので、ベッドに横になり、お腹を出しました。
すると先生がキズの上の巨大絆創膏を剥がしました。
キズを見て、キレイとご満悦です。
「抜糸が要らないようにくっつけたからね。 あ、キズ、見る?」
とおっしゃったのでうなずくと、ベッドを起こしてお腹が見える角度にしてくださいました。

初めてご対面した自分のお腹のキズの印象は
「真っ直ぐでキレイにくっついているなぁ。 縫い目が無いし、思ったよりは短いな。」
でした。
先生はベッドを上げて私に状況を見せたままキズの消毒をし、そして半透明なテープをキズに対して垂直に上から何枚か貼りました。
これらはキズをキレイに治す効果があるテープとのことです。
そしてそのテープの上からガーゼをあててくれました。
ガーゼは着ている物を汚さないためにしておくね、とのことでした。

そして嬉しい一言が!
「これで明日からはシャワー浴びていいよ。」
嬉しいです♡
大喜びしちゃいました。

そして気になっていたことを聞きました。
「先生、私、予定通り水曜日に退院出来ますか?」
すると
「明日確定するからまだ分からないな。 でも今の様子だと水曜日が濃厚。 でも任せる。 都合に合わせるよ。」
との回答でした。
また出ました、先生の「任せる」発言!
でも早く出たいって言ったらダメで、水曜日以降なら任せる、ということなんだろうな〜と理解しました。

そしてまたさささっと部屋から去ろうとした先生に、看護師さんが
「先生、はにーさん、昨夜からお尻に痒みが出ています。」
と言ってくださいました。
そうそう、そうなんです!
するとお尻を出してと言われたので、ベッドの上で横になり、お尻の右側を出して見ていただきました。
赤いしブツブツが出来ているね、とのことで、手術の影響では無く洋服にかぶれたんじゃないかな〜とのことでした。
そして塗り薬を出すから塗って様子を見てね、とのことでした。
そしてじゃあね〜と出て行かれました。

洋服のかぶれ…
もしかすると日曜日の朝まで着ていた無印良品のネグリジェかも、です。
それだけはうっかり一度洗濯せずに持って来て着てしまったので。
そしてちょっとチクチクするな、と思ったのです。
でもかぶれたのはお尻で、お尻にはおパンツのお陰で殆ど触れていないはずなのですが…
うーん、謎です。

先生が出て行かれた後、看護師さんが
「あ、足のシビれを伝えられなかったわ…」と。
確かに…
私が先生がいつもさささ〜っとあっという間に出て行かれるから、なかなか伝えられないですよね、と言うと
「先生方はとてもお忙しいですからね… 伝えられなくてごめんなさい。 ちゃんと申し送りしておきます。」
とおっしゃってくれました。
ありがとうございます!

15:20、おやつが運ばれて来ました〜。
葡萄ゼリーとほうじ茶です♡
e0186017_0321690.jpg

ペロッと全部いただきました。
ご馳走様でした。

この日はとても良いお天気で、お部屋にも日差しがたっぷり入って来ます。
それもあり、お部屋の中が暑くて…
少し冷房を入れました。

15:40、先程先生がお見えになったので中断したウォーキングの続きをしました。
病棟内を3周歩きました。

そしてその途中で点滴が落ちなくなりました。
この日は点滴が落ちるペースがかなりスローだったのですが、とうとう止まってしまい…
ちょうど担当の看護師さんに歩いている時に会えたので相談すると見てくださり、一度点滴を止め、ジョイント部分から注射器のようなもので液体をプッシュして入れたところ、また落ち始めました。
良かった〜。

でもこれが「シャンプーが引き起こした事件」につながります…
が、長くなってきたので今日はこの辺で。

(続く)
by aipooh55 | 2013-05-29 00:31 | 子宮筋腫

入院6日目・手術後4日目 その1 (やっとシャンプー) 〜 子宮筋腫のこと Part 33

おはようございます、はにーです。

今日で仕事に復帰して1週間が経ちます。
先週は家に帰ると毎日ぐったりで、かなり早く寝る日々が続きましたが、今週はどうでしょうか?
退院後、割と普通の生活は疲れず出来ていましたが、やはり仕事をするのとは違いますね。
早く元の「残業に耐えられる体」にしなくては…と思いつつ、まだ本調子ではないと体が教えてくれているのだから無理は禁物!との思いもあり、とても複雑な心境です…

さて、今日も子宮筋腫の話の続きです。

入院6日目、手術後4日目の月曜日を迎えました。

6:15、外の物音で目が覚めました。
看護師さんたちが活動をし出すと、いつも目が覚めます。
ちょっと寝不足だったので、カーテンを開けて外を見た後、ベッドに横になったままぼーっとしていました。
この日は朝から良いお天気です。
e0186017_0101062.jpg


6:40、看護師さんが現れました。
おはようございます!
今日は採血があるので、と私の腕にホットタオルを巻いて行きました。

6:55、再び看護師さん、登場です。
いつもの検温、血圧測定、酸素濃度測定があり、熱は36.7℃!
昨日から37℃以下なのでもう大丈夫かな?
採血をしようとしたところ、血管が見えずもう少し温めることに…
腕を温めながらトイレに行くと、まだ少し出血していて…
でも量は徐々に減っています。

7:20、採血が上手な看護師さんが現れました。
長く腕を温めたのが良かったようで、左腕で2本分、無事に採血出来ました。
良かった〜!

7:30、洗顔、スキンケア、ハミガキをしました。
さっぱり〜。

7:40、朝食が運ばれてきました。
あ、「完全に液体」から「やや液体」に格上げされています♡
e0186017_01085.jpg

メニューは
- 具ナシのお吸い物
- おかゆ
- 練り梅
- 湯豆腐
- カリフラワーと人参の煮浸し(をペースト状にしたもの)
- ミルク
- 葡萄ゼリー
- ヨーグルト
- ほうじ茶
でした。
この日、最初にいただいたのはお豆腐!
柔らかいものとはいえ、久々に形がある食べ物です。
このお豆腐が美味しくて…
涙が出るくらい美味しかったです。
やっと少しはちゃんとした食べ物が食べられるくらい回復出来たんだな、と嬉しくなりました。
おかゆが苦手な私は5口でギブアップでしたが、それでも5口食べられたのは練り梅のお陰です!
お豆腐、煮浸しペースト、ヨーグルトは完食し、後はおかゆ以外は半分〜2/3は食べられました。
ご馳走様でした!

そうそう、私、この日の朝ごはんは左手にスプーンを持って全ていただきました。
前日に点滴の針を右腕の関節部分に入れたため、出来るだけ右腕を使わないでね、と言われていたためです。
幸いまだスプーンで食べられるメニューしか出てこないので、バッチリ左手で食べられました!

8:40、朝の吸引です。
もう全く痰は出ていなかったのですが、それを伝えていなかったからなのか、先生の指示なのか、1日2回の吸引は続いています。

9:00前、夜勤の看護師さんが交代のご挨拶に見え、その直後にこの日の看護師さんがご挨拶にお見えになりました。
そして一緒にレントゲン撮影に行きましょう、と言われました。

病棟外に出るので一応メガネをかけ、看護師さんと一緒にエレベーターでレントゲン室がある3階に移動しました。
入院以来、手術の時以外は病棟から全く出ていなかったので、病院内の移動とはいえちょっとドキドキしました。
それに点滴の棒ナシで長く歩くのも初めてです。
それもあり、看護師さんがついて来てくださって安心しました。

3階に着くと看護師さんが診察券をレントゲン室の受付に出し、私は椅子に座って待つように言われました。
周りには検診や外来で来ている「外界の人たち」が何人もいて、何だか新鮮でした。
入院して以来、会うのは先生方か看護師さんたち、他の入院患者さん、お見舞いに来た人ばかりで限られた世界にいたので…
刺激が強かったです。

すぐに名前を呼ばれてレントゲン室の中へ〜。
担当して下さった方はどうやら新人さんのようで、写真の位置をセットした後に他の方がチェックに見えました。
病棟にも先輩方にくっついて回っている新人看護師さんがいたのを思い出し、4月だからか〜と納得しました。
そういう季節ですよね。
位置を直したり一度撮り直しになったりしましたが、無事に胸とお腹のレントゲン撮影は終了です。
待っていてくださった看護師さんと一緒に、病棟に戻りました。
外の世界とは、またしばらくお別れです。

9:10、病棟に戻った後、そのまま部屋には戻らずに病棟内ウォーキングをしました。
点滴の棒ナシでのウォーキングは初めてですが、全く問題ナシです。
何かに頼らずしっかり歩けるようになったんだな〜とちょっと感動しました。

歩き始めてすぐ、自分の部屋の方からノックが聞こえ、振り向くと主治医のA先生が私の部屋に入って行くところでした。
先生〜!とその場から声を掛けると、先生は私の部屋の前から
「どう? 熱は?」
と聞いてきました。
昨日一日熱は出ていない、今日も大丈夫という話をすると安心されたようです。
そして話しながら部屋に向かって歩き始めた私に
「良かった! 安心した!
いいよ、そのまま動いていて。
歩いて〜。」
とおっしゃり、いなくなってしまいました。
なので、ウォーキング、継続です。

9:20、お部屋に戻りました。
すぐにお掃除の方がいらしたので、お願いしました。
その間、iPhoneから上司たちに近況報告メールを打ちました。

9:40、看護師さんが現れ、点滴をスタートするとのことだったので、その前の動きやすいうちに体を拭きたいとお願いしました。
看護師さんがホットタオルを取りに行って下さっている間に、やっぱり今日は頭が限界=どうしてもシャンプーがしたい〜と思い始めました。
そこで戻られた時に聞いてみたところ、OKが出ました。
やった〜!

10:00、シャンプーに必要なものを看護師さんが持って来てくださいました。
美容院で使うような、短いシルバーの前掛け(?)です。
それを私に付けてくれ、お部屋にある丸い椅子をバスルームに運んでくれ、そこに座ってバスタブに頭を出すとシャワーが当たるような位置にシャワーヘッドをセッティングしてくれました。
準備をしてくださった看護師さんにお礼を言い、後は自分で出来そうだったのでシャンプー自体のサポートはお願いせず、ひとりでのんびりしてみました。

楽しみにしていたシャンプーでしたが、結構疲れました…
椅子に座って前屈みの体勢でシャンプーしたのですが、お腹は痛くなく大丈夫でした。
ただ、久々の「歩く」「寝る」以外の動作だったせいか、シャンプーをしただけなのにかなりぐったりきました。
それでも限界だった私の頭のために、力を振り絞ってシャンプーもリンスも2回ずつしちゃいました♡
は〜、スッキリ!

このシャンプーが後から事件につながるとは、この時の私は思ってもみませんでした…

(続く)
by aipooh55 | 2013-05-27 07:03 | 子宮筋腫

赤坂『赤坂離宮』でお祝いランチ

こんばんは、はにーです。

先日、ダーリンのご両親と私の母、妹を招待し、ダーリンと私と6人で「母の日・父の日ランチ」兼、「私の快気祝いランチ」を赤坂の『赤坂離宮』で行いました〜。
赤坂駅直結のBiz Towerの2階にあります。
e0186017_21394642.jpg


予約をしていたからか、お店の中にある階段を上る上階に案内されました。
円卓のお席です。

アラカルトにするかコースにするかは当日席についてから決めたのですが、予約時から気になっていた「芍薬コース」がやはり美味しそうだったので、そちらにしました。
e0186017_21394982.jpg


コースの内容がテーブルに1枚、置かれました。
これを見ながらお料理が出てくるのを待ちます。
うーん、海鮮が沢山でとても美味しそうです。
e0186017_2140711.jpg


ドリンクは各自好きな物を頼みました。
ビールだったり、冷たいウーロン茶だったり・・・
私は妹と一緒に温かいジャスミンティーをいただきました。
香りがとても良く、美味しかったです!

1品目が運ばれてきました。
「焼き物前菜3種盛り合わせ」です。
e0186017_21395210.jpg

写真左の豚肉ですが、皮がものすごくカリっとしていて美味しかったです。
噛むとカリカリ音がして、周りの人に聞こえるくらいのカリカリっぷりなんです。
びっくりしました。

2品目は「蒸し点心2種」です。
e0186017_21395599.jpg

味がついているので、お醤油を付けずにいただきました。
右側の点心の中にダーリンが苦手に香菜が入っていましたが、私は美味しくいただきました。
私、やっぱり点心って大好きです。

3品目は「海鮮と豆腐のとろみスープ」です。
e0186017_21395645.jpg

海鮮は海老とイカ、白身魚が入っていたと思います。
魚介の出汁が効いたとろっとしたスープ、絶品でした。

4品目は「芝海老と季節野菜の炒め」です。
最初に大皿で持って来て見せてくださり、その後で取り分けたものを各自の前に出してくださいました。
e0186017_2140022.jpg

海老はもちろん美味しかったのですが、しめじがとても美味しくて…
フツウのしめじよりも色が濃く、味がしっかりしています。
お野菜全てシャキシャキで、絶妙な火の通り方でした。
自分で炒めるとこうはいかないです…

5品目は「白身魚の雪菜と赤唐辛子のせ蒸し」です。
私はこれが一番気に入りました。
e0186017_2140561.jpg

お漬物状になった雪菜の塩分と、赤唐辛子の辛さが絶妙で…
とても美味しかったです。
これはもう少し沢山食べたい!と私は思いましたが、辛い物が苦手な義理の父は「辛い!」と上の唐辛子を避けて食べていました。

6品目は「あさり入りチャーハン」です。
e0186017_21401438.jpg

あさり以外に海老も入っていて、海老好きな私には嬉しい内容です。
味付けがかなりしっかりしているので、この量で十分でした。
ダーリンにはちょっと物足りないようですが、「ちょうどいい量」だったのでつい私は全部食べちゃって…
分けてあげられなくてごめんなさい。
いつも、だいたい私が食べられない分をダーリンに食べてもらっているのに、この日のお料理は全て適量でした。
=男性には少し物足りないと思いますが、女性にはぴったりのボリュームだと思います。

7品目は「本日のデザート」で、この日は「マンゴープリン」でした。
e0186017_2140158.jpg

マンゴープリンの中にしっかりマンゴーの果肉も入っていて、お味も濃厚です。
最後まで美味しかったです〜。

先程も書きましたが、私のお腹にちょうどのボリュームだったので、男性には少ないかな?
ビールを飲んでいた人たちは「ちょうど良い量だった」と言っていたのですが、この日のドライバー役を買って出ていたダーリンはビール無しだったので、やはり足りなかったようでした。
ダーリン、ごめんね。

このコースでひとり4000円弱です。
休日はこのランチコースが一番お手頃なのですが、平日はもう少しお安いコースもあるので、平日に行く方がお得だと思います。
休日ランチは私たちがいただいた物以外にもいくつかあるのですが、私が気になったのは点心中心のコース!
この日のコースでいただいた点心2種類が両方ともとても美味しかったので、次回は点心中心のコースをいただいてみたいです〜。

インテリアも落ち着いていて「いい雰囲気」の赤坂離宮、ちょっと特別な日のランチにオススメです!
e0186017_21402019.jpg

ディナーには行ったことが無いので、そのうち行ってみたいです。
でもきっとお高いだろうな〜。
by aipooh55 | 2013-05-26 22:08 | おソトご飯

入院5日目・手術後3日目 その2 (母来たる) 〜 子宮筋腫のこと Part 32

こんばんは、はにーです。

今日(というか、日付が変わってしまったので昨日ですが)、腹帯をしないで少しお出掛けしました。
車で自宅近くのヤマダ電機へ!
ランチをしてヤマダ電機でお買い物をして、という2時間くらいのお出掛けだったので、腹帯をしないで代わりに薄手のハラマキをしてみました。
ハラマキのお陰で守られている感はあり、大丈夫でした。
通勤時や長時間のお出掛け時は腹帯をし続けますが、ちょっとしたお出掛けにはもうナシでも大丈夫そうです♡

さて、今回も子宮筋腫の話です。
入院5日目、手術後3日目の日曜日の話の続きです。

点滴が落ちなくなり、針をまた抜かれてしまいました…

12:00、日曜日、先生方はお当番制とのことで、この日のお当番のC先生が現れました。
点滴の針の刺し直しにです。
初めてお目にかかる女性の先生です。

ん?
日曜日はお当番制?
となるとこの日の朝、主治医のA先生がいらっしゃったのはなぜ?
ドレーンと硬膜外麻酔の針を抜くためだけにいらっしゃる、ということは無いですよねぇ。
私が入院してから毎日A先生にお目にかかっている=お休みナシということです… (ちなみに私の入院から退院までの8日間、ずっとA先生はいらしていました…)
お医者様って本当に大変なお仕事ですよね。
外来で沢山の患者さんを診て、その合間や前後に入院中の患者さんの様子を確認して、そして手術もして…
入院してみて先生方の大変さ、忙しさが良く分かりました。
ありがとうございます…

さて、いらしてくださったC先生、針が入りにくいんだってね〜と声をかけてくださり、私の腕を見ます。
今まで左でずっと点滴をしていたので、右を見せてね、と私の右腕を凝視し、この辺だな〜と腕の真ん中当たりに針を刺しました。
針を刺してから皮下で針を動かして血管を探しましたがうまく入らず…
2回目は肘の裏側、腕を曲げる部分にトライです。
場所的には良く無いけれども、ここしか無いな〜と針を刺しました。
今度はバッチリ成功です。
出来るだけ腕を曲げ伸ばししないでね、とのことです。
(↓無事に針が入った〜、やった〜ということでthumb upしている点滴中の私)
e0186017_0491221.jpg

取り敢えずこれで点滴が再開出来ます。
ふぅ。

12:15、点滴を再開してすぐにランチです。
e0186017_0491162.jpg

見ての通り、朝とほぼ同じメニューです。
違ったのはアップルジュースがグレープジュースになった点だけです。
朝食と同様、全て半分ずついただきました。
あまり動いていないせいなのか、それとも点滴を沢山しているせいなのか、お腹は空いていません。
食欲も無いです。
私、とても食いしん坊なのに…

13:00、トイレの後に食後の運動、ウォーキングをしました。
病棟内を1.5周しましたが、途中で先程のC先生にお目にかかりました。
「スタスタ歩けているね〜」
と笑顔で声をかけてくださいました。
確かにスタスタ、というペースになってきています。

13:25、やっと1本目の点滴が終わりました。
今日も長期戦になりそうです…

そして2本目の点滴を始めた時にダーリンが現れました♡
また点滴の針の位置を変えた話をすると、ちょっと呆れられました。
私の血管、どれだけ細いんだろう…
ちょっと自分がプニっとしているせいもあるかな?と思っていたのですが、それが原因では無く、血管が細いせいだと先生や看護師さんに言われました。
うーん…

14:00、看護師さんが現れ、いつもの検温などがありました。
この時は36.8℃、熱は下がったままです。
もう上がらないといいなぁ…

14:20、ダーリンが帰る前に一緒に病棟内を1周ウォーキングしてくれました。
日に日に早く歩けるようになっているね、と言ってくれ、自分でもそれを感じました。
歩いている時の痛みもあまりなく、とても快調です!

15:00、看護師さんがオヤツを持って来てくれました。
こちら、山王メディカルセンターでは「3時のおやつ」が出されるんですって。
へ〜。
まだ固形の食べ物がダメな私のオヤツはオレンジジュースでした。
オレンジジュース、大好きなので幸せな気分になりました♡
e0186017_0491561.jpg

ご馳走でした!

15:15、次の点滴スタートです。
そしてその後すぐ、手術後初めての便通がありました〜。
ただし、本当にちょっぴりで、そして下り気味でした。
水分しか採っていないからかな?と思ったのですが、どうなんでしょうか。

15:50、母がお見舞いに来てくれました。
まだシャワーを浴びられず、それに熱もあったのでシャンプーさえも出来ていなかった私のことを思って、「水の要らないシャンプー」を持って来てくれました。
もう髪の毛が限界だったので、嬉しいです♡
あとダーリンには頼みにくかったお買い物も頼んでおいたので、それも届けてくれました。
生理用品です。
ある程度は持って来ていたのですが、大量出血以降、こまめにチェックして清潔にするためにも都度取り替えていたら足りなくなりそうで…
助かりました。

母とは点滴をしながらのんびりお喋りしました。
毎日電話で様子は伝えていましたが、手術当日以来会っていなかったので、私の元気そうな顔を見て母はかなり安心したようでした。
心配かけてゴメンね…

しばらくお喋りした後、早速持って来てくれた「水の要らないシャンプー」を使ってみました。
点滴の針のために右腕をなるべく使わないようにしなくてはいけなかったので、母が手伝ってくれました。
助かりました〜!
水の要らないシャンプーで少しはサッパリしましたが、やっぱりちゃんとシャンプーしたいです…

16:50、母が帰りました。
その前に病棟内を1.5周、一緒にウォーキングしました。
もう結構ちゃんと歩けるのね〜と驚き、母はとても嬉しそうな表情を見せました。
何度も無理はしちゃダメよ、と言われましたが、母は私をやっぱり良く分かっていますね…
無理はしない、と約束してエレベーターホールまでお見送りしました。

17:15、次の点滴に突入です。
今日はあと何本?
このあとトイレに行った際、まだ少し出血していました。
大量でなければ大丈夫と言われていましたが、早く止まってもらいたいです…

17:40、夜勤の看護師さんがいらっしゃいました。
よろしくお願いします、とお互い挨拶をしました。

18:00、ディナーの時間です。
でもまた全て液体です…
e0186017_0491448.jpg

朝と同じ内容でしたが、今回はほぼ全てをいただきました。
ご馳走でした。

18:20、また次の点滴、スタートです。
今度は抗生剤です。

18:40、再び看護師さんが現れ、検温、血圧測定、血中酸素濃度測定がありました。
熱は36.8℃、高くなくて安心しました。
もう大丈夫かな?
お腹の音のチェックもありましたが、問題無いそうです。

その後すぐ、病棟内を2周ウォーキングしました。
食後の運動です♡
病室に戻ると吸引の機器を持って看護師さんがいらっしゃいました。
テレビを見ながらのんびり吸引をしました。
そしてその後、そういえばやっていなかったな、と思い、トライボールで呼吸の練習をしました。
入院前は3秒近く2つのボールを持ち上げていられたのに、この時は1秒半も保たなくて…
一生懸命練習しました。

19:25、ダーリンが現れました。
お喋りしている間に点滴が終わり、交換です。
1時間くらいいてくれたので、その間に病棟内ウォーキングを2周しました。
ダーリンが帰る際はエレベーターホールまでお見送りし、そしてまた病室の窓からも車に乗り込むダーリンに手を降りました。

21:00、ハミガキや洗顔をして寝る仕度をしていると、なんだかお尻が痒いです。
トイレに行った時に見てみたら、右のお尻が赤くなっていて、ブツブツも出ています。
かなり痒かったのでナースコールしようか迷い、取り敢えず病室の外をチェックしてみるとちょうど担当の看護師さんがいらっしゃいました。
お尻の右側が痒くて…と伝えて見ていただくと、確かに痒そうね、と薬を持って来て塗ってくれました。
今塗れるのはこの痒み止めだけなので、もし効かなかったら明日先生にお願いしてステロイド系の強いお薬を出してもらいましょう、ということになりました。

この後ベッドに横になり、おやすみなさい!
でもこの日は1:50にトイレに起きてからしばらく眠れず…
あきらめてしばらく本を読み、3:00過ぎまで起きていました。
by aipooh55 | 2013-05-26 00:49 | 子宮筋腫

入院5日目・手術後3日目 その1 (色々抜けた!) 〜 子宮筋腫のこと Part 31

こんにちは、はにーです。

退院してから1ヶ月ちょっと経ちました。
今週から仕事に復帰して一気に現実世界に引き戻されたせいか、入院していたのがもっと前に感じられます。
それに痛みも無いので、すっかり元気になった気でいます。
ただ、まだと〜っても疲れやすいので、家に帰ってぐったりしている時は、まだちょっと病人だわ、なんて思います…
そして、無理は禁物と自分に言い聞かせるのですが、会社に行くとつい頑張って無理しちゃうんですよね。
どうしたら無理をしなくなれるのかしら?

さて、今日も子宮筋腫の話の続きです。

入院5日目、手術後3日目の日曜日を迎えました。
入院生活も後半に突入です。

前日はテレビを見ながら寝てしまったのですが、この日も何度か朝を迎えるまでに目が覚めました。
3:00頃と4:30頃です。

6:00、目が覚めました。
カーテンを開けて外を見ると雨…
そしてちょっと肌寒さを感じました。

6:15、看護師さんが現れ、いつもの検温、血圧測定、酸素濃度チェックに加えて、この日は体重測定が!
日曜日は体重測定の日なんですって。
入院時より少し減っていたのは筋腫がお腹からいなくなったせい?
そして熱は36.6℃です♡
やっと下がりました!
やはり前夜、突然氷枕を冷たく感じたのはきっと熱が下がったからだったんでしょうね。
これで一安心です。
長らくお世話になっていた氷枕を止め、テーブルに置いておいた普通の枕をベッドに持って来ました。

その後、起きて洗顔等をしました。
気になっていた出血ですが、多少ありましたが前日のように大量ではなく若干だったので、もう大丈夫みたいです。

6:55、お薬の吸引です。
痰はほとんど出ていないのですが、それでも吸引は1日2回、継続のようです。

7:25、病棟内を1周、ウォーキングしました。
この日は1周5分くらい。
毎日どんどん早く歩けるようになっているのを実感しました。
人間の体の回復力って本当にすごいです。

7:40、手術後、初めてのご飯です♡
でもメニューは
- 重湯
- 具なしのお吸い物
- りんごジュース
- ミルク
- ほうじ茶
と言う感じでALL液体です!
e0186017_22475122.jpg

看護師さんから無理せず半分くらいは食べて(飲んで)と言われていたので、その通り全て半分くらい、いただきました。
ご馳走様でした〜。

8:50、主治医のA先生と日勤の看護師さんが勢い良く現れました。
今から麻酔の管とドレーンを抜くよ〜!とのことです。

まず、背中を出してと言われ、ネグリジェの片袖から腕を抜いて背中を出しました。
丸くなってと言われ、背中を丸めるとあっという間にスルっと先生が針を抜きました。
抜いたところから出血したので、ガーゼを当てて止血して下さいました。
そのままガーゼを背中にテープで止めたので、ちょっと寝るとゴロゴロするかも、とのことです。

続いてベッドに寝てお腹を出すように言われました。
ベッドをフラットにしていたので見えなかったのですが、何かをチョキっと切った音がして、それで終わりっぽかったです。
お腹から何かを抜かれた感覚もほとんど無くて…
そして消毒をしてガーゼを当てられ、終わり!と言われました。
え、これでドレーンが抜けたの?
どうやったの?
入っていた穴はどうしたの?
という感じです。
謎です…

先生はここまでをされて退場です。
この日は日曜日だったのでA先生はお休みだろうな〜と思っていたのに、いらっしゃってビックリしました。
これをやりに出てこられたのでしょうか?

続いて看護師さんが、横になったままの私から尿道カテーテルを抜きました。
スルスルっとあっという間です。

そしてこれからはトイレに行く都度、自分で尿の量を計るように言われました。
紙コップに取り、量を確認して紙に記録します。
ただし最初の時はナースコールをするように言われました。
きちんと全てのお小水が出切ったか、チェックをされるそうです。
なるほど。

手術後から体にくっついていた物でこの日まで残っていた4つのうち、あっという間に3つ
- 背中の硬膜外麻酔の管
- お腹のドレーン
- 尿管の導尿カテーテル
が取れました〜。
やったー!
残るは入院初日からずっと続いている「点滴」です…
点滴をぶら下げる棒と常に一緒に行動しているので、すっかり仲良しになりました。
なんてね。

9:10、看護師さんにもらったホットタオルを使い、自分で体を拭きました。
管がほとんど無くなったので、もう自分で出来ます!
拭いている途中で夜勤の看護師さんがご挨拶に現れ、背中は拭けないでしょ〜と手伝ってくれました。
助かります〜。
確かに背中は無理でした…
そして全身拭き終わった後は、入院初日と同じような普段の部屋着(兼パジャマ)スタイルになりました。
ネグリジェはもう不要です!

9:30、この日の点滴、スタートです。
まずは3種類…
e0186017_22475364.jpg

午後にもまだあるようなので、早く始めないと前日のように終わるのが夜中になっちゃいます!
点滴しますよ〜と言われてベッドの反対側、点滴のバーがあるところまでスタスタ歩いて移動したら、看護師さんに驚かれました。
やっぱり普通よりも元気に歩けているようです。

ちなみに点滴ですが、液の種類によって落ちやすいものと落ちにくいものがありました。
写真に写っていた茶色の点滴は貧血改善のための鉄剤なのですが、濃いのでとても落ちにくい、体に入って行きにくいです。
量は少ないのですが、これが結構時間がかかります…

11:00、カテーテルを外して最初のトイレへ〜。
全く問題無く出ました。
言われた通り、トイレに置かれた紙コップで計ると220mlでした。
それを記録用紙に書き、言われていた通りナースコールをすると、看護師さんが登場し
「もう一度トイレに行って、完全にお小水を出し切って来てください。」
とおっしゃいました。
言われた通りにしてベッドに戻ると、ベッドに横になるように言われました。
そして「導尿します!」と言われ、カテーテルを再び入れることに…
でも膀胱に残っていないことが確認出来たので、これ以上の導尿は必要無しとなり、無事卒業です。
恥ずかしいので、一度で済んで良かったです…

11:30、事件が起こりました。
また点滴が落ちなくなっちゃいました…
どうして〜?
角度によって落ちなくなることが過去にあったので、ベッドに座ったり寝たりして色々な体勢を取ってみましたが、全く落ちて来ません…
諦めてナースコールをしました。

看護師さんが現れ点滴の管をいじってくれましたが、それでも落ちて来ません。
そしてまた、刺し直しになりました。
ううっ。
看護師さんが持って来てくれたホットタオルで腕を温め、先生が針を刺しに来てくれるのを待つことになりました。

どうなる、私の点滴!
この日もなかなか針が入らず、夜中まで点滴をすることになっちゃうのかな?

(続く)
by aipooh55 | 2013-05-25 10:51 | 子宮筋腫

入院4日目・手術後2日目 その2 (出血とお見舞い) 〜 子宮筋腫のこと Part 30

おはようございます、はにーです。

仕事に復帰して今日で5日目、やっと最初の1週間を終えます。
いや〜、思っていたより疲れます。
会社にいる間は気を張っているので大丈夫ですが、家に帰ってきた途端に疲れがどっと出て…
今週は毎晩、日付が変わる前に夢の中です。
来月が相当忙しくなるのが分かってしまったので、今のうちに体を元に戻して、残業にも耐えられるようにしなくては!
でも無理しないように、ですよね。
ついつい無理をしてしまうタチなのですが、まだ病み上がりの身だ!と自分に言い聞かせ、出来るだけ無理はしないようにします。

さて、子宮筋腫の話の続きです。
とうとう今回がPart 30となりました。

入院4日目、手術後2日目、土曜日の続きです。

無事点滴を再開出来て一安心。
ただしその直後にまた事件が…
まだシャワーを浴びられないのでこの日も看護師さんが体を拭いてくれました。
その際、大量出血が発覚!
ちょうど着替えのタイミングだったので良かったですが、かなりの量で…
手術の影響による出血のようですが、ちょっとビックリしました。

その後、看護師さんからこまめにトイレに行き、出血を確認するように言われました。
この時はまだ尿道カテーテルが入っている状態だったので、トイレに行っていなかったので出血に気付いていませんでした。
かなりの出血だったのにも関わらず、不思議なことに出ている感覚が無くて…
それからはちょこちょこトイレに行き、出血のチェックをするようにしました。

15:20、ダーリンのご両親がお見舞いに来てくださいました。
ダーリンのご両親には私からでは無くダーリンから今回の入院のことは伝えていたのですが、お母様からは入院の少し前に電話をもらいました。
沢山励ましてくれ、その時とても嬉しかったのですが、お見舞いにも来ていただき更に嬉しくなりました。
子宮筋腫が無かったら、もしくはもう少し早く手術をしていれば、今頃もしかしたらダーリンのご両親に初孫を見せてあげられていたかもしれないのに…
そう考えると、仕事ばかりして自分の体のことを放っておいたことを後悔したくなりますが、今更ですよね。
これから気を付けていくしかないです。

さて、お見舞いに来て下さったダーリンのご両親からは、手術後2日の割には元気そう、と言われました。
ダーリンのお父様は数年前に入院と手術を経験されているので、経験者同士、麻酔のことや手術のこと、点滴のことで話が盛り上がりました。
お母様は取った筋腫の写真を先生からもらえたら是非見せてねとおっしゃいましたが、お父様は見たくない、と。
やはり女性の方がこういう点には強いんですね。

1時間半近く起きたまま色々とお喋りをしましたが、特に疲れた感じもしなかったので、やはり私って元気かも…と思いました。
ただ、前日に手術後初めてベッドから立ち上がって以来、体を起こす時、寝る時は全て腕の力に頼っていたので、腕と肩が痛くて…
完全に筋肉痛になっていました。

前の日にはベッドを完全に起こした状態からしか寝起き出来ませんでしたが、この日には半分くらいまでベッドを起こせば起き上がれるようになりました。
もちろん腕の力を使ってですが、少しずつ自分の体が元に戻って行くのを感じて嬉しく思いました。

ダーリンのご両親が帰られる時、エレベーターホールまでお見送りしましたが、しっかり歩けている私を見て、安心してくださいました。
良かった!

その後、ダーリンがご両親を車で送りに行ったため、私はひとり病室でゆっくり過ごしました。
読書をしたり、Blu-rayを見たり…
そうやってのんびり過ごしていると、日勤の看護師さんが交代のご挨拶に見え、そして夜勤の看護師さんもご挨拶にいらっしゃいました。

18:20、病棟一周ウォーキングをしました。
前日15分弱かかっていたのが、この時は10分!
だいぶ早く歩けるようになりました。
このウォーキングの後、初めてお水以外のものを飲みました。
大好きな爽健美茶です♡
いつも以上に美味しく感じられました。
前日の夕方から水分をとってOKが出ていましたが、しばらくはお水だけにしてねと看護師さんから言われていたので、ずっとお水だけを飲んでいました。
そろそろ他のものもいいかな〜と思って夜勤の看護師さんがご挨拶にいらした時に聞いてみたところ、OKが出たのでウォーキング後に飲もうと決めていました。
運動(?)を頑張ったご褒美です〜。

18:55、看護師さんが検温などに見えました。
まだ熱が下がらず、38.3℃…
高い熱に慣れてしまったのか、自分ではそんなに高い熱が出ている感覚はありません。

19:00、主治医のA先生がいらっしゃいました。
熱が下がらないのが心配だそうです…
そこで、抗生剤を別のものに変えてみる、とおっしゃいました。
その後、先生が私のお腹を何ヶ所か押しましたが、前の日に押された程は痛くありませんでした。
お腹を押されても痛く無くて、元気ならば大丈夫だね、とおっしゃいました。
でも熱が下がらないのはイヤだなぁ…と最後まで気にされていたので、私も気になってきました。

19:10、看護師さんが現れ、抗生剤の点滴開始です。

19:50、次の点滴の開始と、吸引の時間です。
点滴を始めたと同時に、ご両親を送ったダーリンが戻って来ました。

ちなみに前日に行った血液検査の結果、貧血気味だったので、鉄剤の点滴も加わりひたすら点滴をしています。
食事もまだなので、点滴が私のご飯代わりです…

20:40、ダーリンが帰る時に病棟のエントランスまでお見送りしました。
その後、お部屋の窓からもお見送りです。
病院のお向かいのパーキングにいつも車を停めていたのですが、そこからダーリンが手をふるのが見えました。
そして車が見えなくなるまでお見送りしました。
e0186017_21575079.jpg


20:50、そろそろ寝る支度を…と洗顔、歯磨き、スキンケアをしました。
点滴の針が刺さっている位置が変わり、手首を使えるようになったので、それまでよりは楽に出来ます!

21:05、検温などがありました。
久々に38℃を下回って37.7℃です。
やっと解熱剤や抗生剤が効いてきたのかしら?
でもまだ高いので、氷枕を取り替えてもらい、解熱剤の点滴もすることに…
点滴をしながらテレビでやっていた「テルマエロマエ」を見ていたのですが、いつの間にかに寝ちゃっていました。
この日は点滴の針を刺し直すのに時間がかかったため、点滴のスケジュールが押してしまい、最後の点滴が終わったのは24時過ぎでした。

そしてこの日、氷枕が冷たくて明け方に突然目が覚めました。
こんなこと初めてだったので、熱が下がったのかも⁈と嬉しくなりました。
枕が手元に無かったので、氷枕にバスタオルを巻いて、本当に熱が下がっていますように…と思いながら再び眠りにつきました。
by aipooh55 | 2013-05-24 07:57 | 子宮筋腫

大好きなWhole Foodsでランチ 〜 5度目のハワイ Part 2

こんばんは、はにーです。

今日は子宮筋腫の話以外も少々…
昨年10月に訪れたハワイの話、Part 2です。

アメリカのスーパーマーケットが大好きな私、はにーですが、特にWhole Foods MarketとTARGETが好きです♡
TARGETは今回のハワイ滞在中には珍しく行きませんでしたが、Whole Foodsには2回行きました!

1回目はカイルアビーチで遊んだ後、ランチを食べにカイルアのWhole Foodsに行きました。
e0186017_2293869.jpg

この店舗は2012年の4月にオープンなので、私たちが訪れたのはオープンして半年後くらいです。
このカイルア店はイートインのスペースが広いと聞いていたので、ここでランチをすることにしました!

でもランチ前に店内をちょっと散策です。
ハワイらしく、マヒマヒを発見!
しかも丸ごと一匹〜。
e0186017_22102216.jpg


そして私が気になったはこのGuacamole & Salsaコーナー!
フツウのワカモレとサルサ以外に「バナナサルサ」なんていう変わり種も置いてあります。
トルティーヤチップを買って、サルサとワカモレを買ってランチに…なんて思ったのですが、どう考えてもランチには食べきれない量です。
e0186017_22244987.jpg

この後ホテルに戻るのであれば冷蔵庫に入れられますが、更に別のビーチに行く予定だったため、泣く泣く諦めました。
でも本当に美味しそうだったので、次回は絶対に買いたいです。

そして向かったのはサラダバーコーナーです。
e0186017_2216335.jpg

ここで友人Aちゃんとお互い食べたいものを1つのお皿に半分ずつ盛りました。
私は上の写真の左側に写っているシーアスパラガスが好きなので、それを多めにグリーンの上に載せました。

そして出来上がった「二人でシェアするサラダ」がこちらです。
e0186017_22181552.jpg

先程買いたかったサルサとワカモレもサラダバーにあったので、上に載せました♡
嬉しい!

もちろんサラダだけでは腹ぺこの私たちには足りないので、あとはお互い食べたいホットミールを器に詰めました。
そして日焼けした肌対策にビタミンも必要ということで、フルーツも買い込みました。
食べ過ぎ?
e0186017_22191811.jpg

ホットミールも種類が豊富で悩んじゃいましたが、私はブラウンライスの上にハワイらしくカルアピッグをまず載せ、他にインゲンの炒め物と白身魚のフライを載せました。
美味しそう☆
これでランチ、完成です!

かなりのボリュームになりましたが、フルーツを少々「おやつに取っておこう」と残した以外は完食しました〜。
お腹一杯です。

どれも美味しくて、Whole Foodsはやっぱり最高♡だと思いました。
ちなみにFree Wi-Fiが使えます。
その点もオススメです。

Whole Foods Market Kailua
629 Kailua Road, Suite 100
Kailua Hawaii 96734
808-263-6800
by aipooh55 | 2013-05-23 22:33 | Hawaii (Oct 2012)

入院4日目・手術後2日目 その1 (点滴の針が…) 〜 子宮筋腫のこと Part 29

おはようございます、はにーです。

退院後、とにかく気を付けているのは「太らないこと」です。
主治医のA先生に手術のキズをキレイに治すにはどうしたら良いかお伺いした時に、太らない!と言われたためです。
太るとキズが開いてくるので、キレイに治らないそうです…
それに脂肪を減らせば女性ホルモンの分泌を減らすことが出来、女性ホルモンの分泌を減らせば子宮筋腫の再発をある程度抑えられるとも仰っていました。
そのため、今は夕飯は腹6分くらいで食べるのを止め、そしてお米は食べないようにしています。
これで痩せればキズもキレイに治り、筋腫の再発も抑えられ、そしてキツくて履けない数年前に買ったデニムが履けるようになる!といいことばかりなので、頑張ります。
今の会社で働き始めてかなり太ってしまったので、これをきっかけに体重を元に戻しますっ!

さて、今日も子宮筋腫の話の続きです。

入院4日目、手術後2日目、土曜日の朝を迎えました。

夜中と明け方、看護師さんが様子を見にいらした時に目が覚めましたが、それ以外は割としっかり眠ることが出来ました。
ただし熱のせいで頭が熱くて…
夜中にも氷枕を取り替えてもらいました。

6:00、看護師さんが現れ、起床です。
検温、血圧測定、血中酸素濃度測定があり、熱は37.7℃でした。
やっぱりまだ高いです…
お腹と背中の音のチェックがありましたが、良好とのことでした。
まだ熱が高いので、新しい氷枕をくださいました。

その後、自分で起き上がり、バスルームに行って洗顔、スキンケア、歯磨きをしました。
点滴の針が左手首に入っている状態で左手を使うと痛いので、右手しか使えず時間がかかりました…
でもスッキリ〜♡

7:00、痰を出しやすくするお薬の吸引、スタートです。
朝のニュースを見ながらのんびり。
いつもだいたい15分くらいで終わります。

9:00、この日の担当看護師さん、登場です。
手術の日に担当してくださった、とても明るい方でした。
その後、すぐにお部屋のお掃除の方もお見えになりました。

10:20、看護師さんが現れ、点滴2本、スタートです。
しばらく看護師さんとお喋りをしましたが、私と年が近くてビックリ。
どう見ても20代にしか見えないのに…
うらやましい限りです。
それにしてもこの病院の看護師さんは可愛い方・キレイな方が多いです。
採用基準に「容姿端麗」が入っているんじゃないか、と疑ってしまうくらい…
そして皆さん本当に優しいので、「まさに白衣の天使だな〜」と思ってしまいます。

11:15、ダーリンが現れました。
ちょっとお喋りした後、病棟一周ウォーキングに付き合ってもらいました。
(↓ダーリンが撮ってくれた、頑張って歩いている私です!)
e0186017_21413041.jpg

結構しっかり歩けていて、前日よりも歩く時の痛みは少なかったです。
日に日に元気になっている証拠ですね!

12:10、点滴が落ちなくなり、ナースコールしました。
担当の看護師さんが見に来てくれましたが、点滴の針を入れているところがものすごく腫れていました。
少し前までは大丈夫だったのに…
もうそこは限界のようです。
「こんなになるまで我慢しちゃダメですよ〜。 痛かったでしょ?」
と看護師さんがものすごく心配してくれました。
手術の際に針を入れた右腕を試しましたが、そちらも使えず、残念ながら刺し直しになりました。

担当看護師さんでは無い看護師さんがおふたり、代わる代わる私の腕を見にきましたが、良いところを見つけらず…
先生をお呼びすることに。
見に来て下さった看護師さん、おふたりともとても上手な方とのことですが、それでも点滴の針を入れられない私の血管って…

少し待つと、看護師さんと一緒にB先生がいらっしゃいました!
貯血の時に2回とも担当してくださった面白い先生です。

貯血の時は2回ともすぐに良い血管を見つけてくださり、一発で針を入れてくださったので、今回もそうなること間違いナシと思いきや…
2ヶ所トライされましたが、両方ともうまく入りませんでした。
ショックです。
私もショックでしたが、先生の方がショックそうでした。
そしてB先生の指示で腕を温めることになりました。
そうすると血管が見つかりやすくなるそうです。
看護師さんが準備したホットタオルを両腕に巻き、布団を掛けられ大人しく寝ているように言われました。

14:00、看護師さんが現れ、検温、血圧測定、血中酸素濃度測定がありました。
熱は38.4℃、まだ高いです…

14:15、「選手交代です!」と言いながら、主治医のA先生が点滴の針を入れに現れました。
巻いていたホットタオルを外した私の左腕を見て
「あ、ここ行けそう!」
とおっしゃったA先生。
迷い無くブスっと点滴の針を刺しました。
腕を温めたお陰なのか、ばっちり針は入りました〜!
e0186017_21412836.jpg

B先生が入れに来てダメだったので心配だった、B先生は貯血も担当してくださったので針を刺すプロ(?)の先生かと思ったのに、と私が話すと、A先生は
「B先生は針を刺すプロじゃないよ〜。
僕の上司だよ。」
と教えてくれました。
知りませんでした…
B先生、お偉い方だったんですね。

そして無事、点滴再開です!
ところがこの後、ちょっと事件が起きました…

(続く)
by aipooh55 | 2013-05-23 07:26 | 子宮筋腫

入院3日目・手術翌日 その2 (歩けた〜!) 〜 子宮筋腫のこと Part 28

こんばんは、はにーです。

仕事に復帰して3日経ちましたが、今のところ順調です!
あまりにも普通に働いているので、周りから大丈夫?と聞かれるくらい…
ただ、やっぱり疲れやすいです。
今日も7時には限界を感じ、やりたい仕事は残っていましたが明日に回して帰ってきました。
まだまだ体は完全には元に戻っていないようなので、ボチボチで行きます!

さて、今回も子宮筋腫の話です。
入院3日目の金曜日、手術翌日の様子の続きです。

14:15、看護師さんに「立ってみよう!」と言われ、気合い十分の私、はにー。
まずはベッドを一番起こし、そこから腕力を使ってベッドの端まで体を横に動かして行きました。
そして足をベッドの外に出して、腕を使って体を起こし、まずはベッドに腰掛ける形になりました。

そこから看護師さんに支えられ、立ち上がりました。
ちょっとクラっとしましたが、きちんと立てました!
看護師さんに気分が悪く無いか、クラクラしないか聞かれましたが、立って少し経つとクラクラしなくなったので、大丈夫!と笑顔を応えました。

すると看護師さんが
「ちょっと歩いてみる?」
と聞いてくれたので、歩いてみました。
恐る恐る足を動かし、一歩前へ…
お腹が痛いのでゆっくりですが、歩けました〜。
やった〜!
部屋の端までゆっくり歩くと、看護師さんが部屋の外に行ってみる?と聞いてくれました。
もう少し歩けそうだったので、そのままドアの外に出ちゃいました。

看護師さんに付き添ってもらい、病棟の廊下の端までゆっくりと歩いてみました。
お腹は痛みますが、我慢出来る痛さです。
そして思ったよりも普通の姿勢で歩けました。
ただしお腹のキズが気になるので、片手はお腹に当て、もう片方の手で点滴をぶら下げているバーを押して…というスタイルです。
そのため、硬膜外麻酔の容器とドレーンは看護師さんが用意してくれた袋に入れて首からぶら下げて歩きました。
e0186017_20262636.jpg

廊下を往復し、スタッフステーションの前まで行き、部屋に戻りました。
手術後、初めての歩行の割には結構歩けました!
看護師さんからも、こんなに沢山歩けるとは思わなかったと言われました。
やっぱり私、元気みたいです。

14:50、きっちりガスが出ました!
歩いたことで腸が刺激されたのが良かったのかな?
でもまだまだ溜まっているようで、お腹は張っています。

15:20、ひとりで立ち上がって部屋の中を歩いてみました。
というのも、iPhoneの電池が切れてしまったためです。
ついでにバスルームでうがいもしました。
その後、ベッドを起こした状態でしばらくBlu-rayを見てのんびりしました。

16:00、看護師さんが現れ、点滴を交換しました。
この時に先程ガスがしっかり出た件を伝えました。

16:30、ひとりでウォーキングしてみました。
先程は廊下1本分の往復でしたが、今度はスタッフステーションを挟んで反対側の病棟まで、ぐるっと一周歩けました。
ゆっくりしか歩けないので15分弱かかりましたが、ひとりでちゃんと歩けたことを嬉しく思いました。

ウォーキングを終えて部屋に戻るとすぐにダーリンが現れました。
しばらくお喋りしていましたが、ダーリンが笑わせるのでお腹が痛くて…
腹筋を使わずに笑うようにしないとでした。

17:10、看護師さんが現れ、少しずつお水を飲む許可が出ました。
やった〜!
まずはほんの少し飲みましたが、体に染み入りました。

17:35、日勤の看護師さんが交代前のご挨拶にいらっしゃり、その後、夜勤の看護師さんもご挨拶にお見えになりました。

18:10、抗生剤の点滴をスタートしました。
その後、少ししてダーリンが帰ると言うので、病棟のエントランスまでお見送りしました。
ゆっくりですが歩けている私を見て、ダーリン、安心したようです。
ダーリン帰宅後、廊下往復だけですがウォーキングをしました。

18:45、看護師さんが現れ、痰を出しやすくするお薬の吸引スタートです。
その後、A先生が現れました。
今朝の血液検査の結果、白血球の値が高いのが心配だと教えてくださいました。
炎症が起きているせいのようです。
まだ熱が高いのも心配とのこと。
そのため本来であれば翌日からスタートするはずだった食事は、もう1日様子を見て明後日、日曜日からにするとのことでした。
結構元気なので順調に回復していると思っていたのですが、体の中はまだダメみたいです…

19:30、看護師さんが現れ、検温、血圧測定、血中酸素濃度測定がありました。
熱が38.6℃あったため、解熱剤の点滴をすることに…

20:30、再度看護師さんが検温にいらっしゃいました。
まだ38.3℃あり、だるくて自分が熱く感じられました。
氷枕をもらい、頭を冷やしながらこの日も就寝しました。

早く熱が下がりますように…
by aipooh55 | 2013-05-22 20:24 | 子宮筋腫