タグ:観光 ( 8 ) タグの人気記事

マウイのガイドブック

こんにちは、はにーです。

猛烈暑い日々が続いていますね。
昨日は東京湾の花火大会でしたが、暑くて外にじっくり見に行く気になれず、最初と最後だけちょろっと見ました。
自宅のマンションから見えるのですが、私たちの部屋からは角度的に見えないので、見える場所に出ての鑑賞なので暑くて…
でもこんな感じで見えるので、十分楽しめます。
e0186017_1285963.jpg


さて、本題です。
今年も夏休みはチームのみんな、特にお子さんがいる人に8月中に取ってもらい、私は仕事がちょろっと落ち着きそうな10月半ばに取ることにしました。
行き先は先日、フライトを押さえたと書いたマウイ島です!

ハワイは大好きでここ数年毎年行っていますが、全てオアフ島です。
そのためオアフ島にはかなり詳しくなり、会社の友人たちに
「ガイドブック書けるんじゃない?」
と言われるくらいになりました。
レンタカーであちこち行っていたので、ワイキキ周辺以外にも詳しくなりましたよ。

ただ、今年はもうハワイはいいなぁ…と思っていたのですが、旧友と旅のプランを立て始めた時に候補に上がったマウイ島に行くことになりました!
他の候補地はコタキナバルやバリだったのですが、時期的にマウイ島が良さそうだったので、マウイ行きが決まりました。
6泊8日、マウイ島だけ、旧友との女子旅です!

さて、マウイ島行きを決めたのは良いですが、マウイ島ってオアフ島に比べて情報がとても少ないです。
私が旅行記を書いていて、他の方の旅行記も頼りになるのでかなりチェックしている『4 Travel (フォートラベル)』のサイトでも、オアフ島に比べて情報が少なく、困っていました。
ところがそのサイトで
「Maui Revealedというアメリカのガイドブックが素晴らしい」
と書いていた方がいたので、早速USのAmazonでチェックしたところ、かなり評価が高い!
これは買わねばと日本のAmazonから買いました。
それがこちらです。
e0186017_129183.jpg

仕事が忙しくてなかなか読む時間が無くて、まだ少ししか読めていませんが、このガイドブックは素晴らしいです!
ベーシックな情報から、エリア別のオススメスポット、ビーチの紹介、レストランやホテルの情報が載っているのですが、日本のガイドブックとの一番の違いはお買い物情報が少ないこと!
とにかくどのエリアでどんなことを「する」のがオススメかが詳しく書いてあり、マウイ島初心者の私には非常に助かります。
日本のガイドブックってお買い物情報やレストランの情報がメインで、何をしたら良いかをあまり書いていないという印象を私は受けるのですが、このガイドブックはそんなことが無いので本当にオススメです。

また地図もしっかり出ていて、写真も結構載っている点もいいです。
e0186017_129272.jpg

しかも地図にはオススメのスノーケリングスポットも色で表示してあり、スノーケラーな私には非常に有益な情報です。
あとパーキングの有無や停められる台数も書いてあるんですよ。
これはレンタカー派の私にとって、非常に使える情報です。

この本をしっかり読んで、初めてのマウイ島に備えたいです。
まだフライトしか抑えていないので、近々友人と会ってホテルを決めて予約しなくちゃ!
[PR]
by aipooh55 | 2013-08-11 12:09 | 旅行

東京散歩 〜 初めて柴又帝釈天へ

こんにちは、はにーです。

今日は日曜日なので、先週に引き続き子宮筋腫以外のことを書こうと思います。
色々と書きたいことがあるのですが、平日は忙しくなって来てなかなか書けず…という状況です。

さて、退院後の自宅静養中で、仕事への復帰もかなり近付いて来た5月のある日、母からお誘いがありました。
「Y(私の妹)と一緒に柴又に行ってみようと思うんだけど、一緒に行ってみない?
帝釈天とか、矢切の渡しとか、行ったことないでしょ?」
そう電話でお誘いを受け、「ん? 柴又?」と少し驚きました。
なぜ急に?
ここ数ヶ月、母は妹の休みに合わせて仕事を休み、ちょろちょろ都内で行ったことが無い場所にお出掛けをしています。
最近妹が買って来た「下町を散歩する」的な本の中に柴又が出ていたため、今回は柴又に行ってみることにしたようです。
柴又=「寅さん」のイメージはありますが、寅さんシリーズは全く見たことが無いので街の様子も全く知らない場所です。
せっかくなので母たちと一緒に出掛けてみることにしました。

私の最寄り駅で母たちと待ち合わせし、まずは京成高砂駅に向かいました。
京成高砂駅で京成金町線に乗り換えです。
e0186017_9141894.jpg

この金町線、「京成高砂、柴又、京成金町」の3駅だけなんですって!
しかも日中は15分に1本しか電車がない、かなりのローカル線です。

そして到着しました、「柴又駅」です。
e0186017_9141957.jpg


駅を出るとすぐに「寅さん像」が!
e0186017_9143575.jpg

電車を降りた観光客の方、皆さん寅さんと記念撮影をされていました。
もちろん私たちも!
寅さんシリーズを見たことが無いのに、ついつい…

さて、駅を出て左手に進むとすぐに参道に出ます。
e0186017_9142118.jpg

参道にはお土産物屋さんやお団子屋さん、おせんべい屋さんなどが並んでいます。
帰りに何を食べようか、などと話していたら、あっという間に帝釈天に到着です。

帝釈天の入口にあるこの門は「二天門」と呼ばれている、二階建ての門です。
e0186017_9142498.jpg

四天王のうちの二天を安置しているので、二天門と呼ばれているそうです。

そして門をくぐると目の前に帝釈堂がすぐありました。
立派な松もあります。
e0186017_91425100.jpg

まずは靴を脱いで中に入り、参拝しました。
平日の昼間だったのですが、思ったよりも多くの方がいらしていました。

その後、靴を脱いだまま右奥に進むと、帝釈堂の内殿の外部に施されている彫刻を見ることが出来る「彫刻ギャラリー」があります。
せっかくなので、この彫刻ギャラリーも見ることに。
母が3人分まとめてお支払いしてくれたので金額を忘れてしまいましたが、確かひとり300円くらいだったと思います。

この内殿は彫刻を雨風から守るためにガラスで覆われていて、その中を歩いてみることが出来ます。
非常に立派な彫刻が沢山施されていて、素晴らしいです。
e0186017_9142715.jpg

とても細かい彫刻で、見入ってしまいました。
e0186017_9142939.jpg


内殿の彫刻ギャラリーを見る料金には、裏手にあるお庭、「邃渓園」の見学料金も含まれていました。
廊下でつながっています。
e0186017_9143721.jpg


このお庭の中に入ることは出来ませんが、外側をぐるっと囲った廊下から見ることが出来ます。
e0186017_9143064.jpg

とても立派な池泉式庭園で、途中には休憩出来る場所もあり、私たちも座って水分補給しながら一休みしました。
e0186017_9143268.jpg

お庭をぐるっと周り、再び拝殿に戻って靴を履いて外に出ました。
e0186017_9143479.jpg


この後、他にも色々と柴又の街を散歩してから、参道に戻って鰻を食べ、お団子をデザートにいただきながら街を後にしました。
それを全てここに書いてしまうと、メインで書いている「フォートラベル」という旅行ブログサイトにアップしようと思っている記事と被ってしまうので、ここでは帝釈天のことを中心にしてみました!

そうそう、この日は病み上がりで重い荷物を持つことにまだ若干不安があったため、お気に入りの一眼レフを持たずに家を出てしまい、ちょっと後悔しました。
でもiPhoneでもそこそこ良い写真が撮れて、満足です。

この日はとてもお天気が良くて、本当に気持ち良かったです。
母と妹と一緒だったので、無理をしなくて済みましたし。
身内とのお出掛けは病み上がりの私には非常に楽でした。

お出掛けして良かったと思える、楽しい1日でした。
[PR]
by aipooh55 | 2013-06-09 11:22 | 街歩き

ビーチで花火鑑賞 〜 逗子海岸花火大会

こんにちは、はにーです。

今日は日曜日なので(?)、子宮筋腫の話はお休みして、昨日行って来た「逗子海岸花火大会」のことをアップします!

私の入院前、逗子在住の会社の友人が
「6月に逗子で花火大会があるので、見に来ない?」
と声をかけてくれました。
入院・手術前だったので退院後の自分をイマイチ想像出来ていなかったのですが、手術から1ヶ月半くらい経っている時期だったので大丈夫だろうと思い、
「行く〜!」
と即答していました。

そして昨日、体調も良かったので張り切って逗子海岸に行ってきました。
ところがダーリンは風邪でダウン…
置いて行くのもな〜と思っていたのですが、ダーリンが行って来いと言うのでお言葉に甘え、ひとりで参加しました。

今回、誘ってくれた逗子在住の友人夫婦は場所取りで15時にはビーチへ!
10畳の広さのブルーシートを敷いて、良いポジションを確保してくれました。
そして会社のお姉様方ふたり(お一人は逗子在住)が16時に逗子駅集合で買い出しをしてくださいました。
本当は私も買い出しに加わりたかったのですが、ダーリンが心配だったので少し遅めに合流させてもらいました。

18時頃、私が新逗子駅に到着すると言う連絡を入れると、友人夫婦が新逗子駅まで迎えに来てくれました。
ちょうどお家に取りに行く物があり、そのついでに私を拾ってくれました。
Mちゃん、Sちゃん、ありがとう!

そいてビーチに到着すると、広〜いブルーシートの上で会社のお姉様方が待っていてくれました。
「先に食べていたわよ」
とのことです。
ひー、色々あります。
(散らかっている写真でゴメンナサイ)
e0186017_1243785.jpg

私も買って来たトルティーヤチップスとワカモレの瓶、そして赤ワインをバッグから出して並べました。

私と同じ頃に到着予定だった友人たちがまだ来ておらず、連絡を取りながらとりあえず集まっているメンバーで乾杯しました。
トイレに行きたくならないように、私はちびちびワインを飲みました。
e0186017_1243944.jpg

ビーチでワインってちょっと新鮮です。
いつもビールなので…
そしてお姉様方が用意してくれたおつまみや、Mちゃんが作ってくれた唐揚げや枝豆をつまみながら、お喋りをして花火の開始を待ちました。

そうそう、手術以降控えていた「お酒」ですが、先週解禁しました♡
退院後すぐに飲んでも大丈夫だったようですが、何となく控えていました。
でも久々に飲んでいるせいか、すっかり弱くなっちゃって…
でも健康のことを考えると、その方が良いかもしれませんね。

そして友人Mちゃんのご主人、Sちゃんが、私の退院祝いに!と珍しい水色のスパークリングワインを用意してくれました。
Sちゃん、本当にありがとうです。
しかもクーラーボックス持参で冷え冷えにしておいてくれ、美味しさ倍増です。
そちらもみんなでいただき、とても幸せな気分になりました。

ただ、事件が起きました。
「暗くなると見つけ難いし、電話もつながり難くなると思うから、18時頃までには来ること!」
と言われていたにも関わらず、他の友人たちが現れません。
LINEでメッセージを送ったり、携帯に電話してみたりするのですが、どんどんつながらなくなり…
このまま2組4名が合流出来ないかも〜。
このうち1組2名はビーチまでは来たようですが、その後、全然連絡が取れず…
交代で歩いて探して回ったり、名前を叫んだりしてみたのですが会えなくて。
花火が始まる直前まで努力しましたが、結局合流出来ませんでした。
一応「だいたいの場所」はLINEでお知らせしておいたので、近くを歩いていれば見つけられたと思うのですが、それさえも届かなかったのかな?

そうやっている間に花火がスタートです!
e0186017_1244015.jpg

e0186017_1244199.jpg


ビーチから見る花火って新鮮です。
そしてとても近い〜。
目の前で打ち上がるので、しっかり首を上げないと高く上がる花火が目に入りません!
e0186017_1244435.jpg

e0186017_1244555.jpg


すると手にしたiPhoneに着信が!
この日、午後鎌倉観光を楽しんでいた2人組からの着信です!
電話をつないだまま、お互いの居場所を説明しながら私が歩いてビーチを探し、無事2人を発見!
やった〜!
合流出来ました♡
e0186017_1244772.jpg


新たに加わった2人を加え、更に飲みながら花火大会のフィナーレを楽しみました。
この花火大会、最後の15分はコロワイドさんがスポンサーになっていて、6000発の花火を15分で打ち上げる、という非常に豪華な終わり方をするそうです。
それがすごいの〜と逗子在住メンバーから聞いていたので、とても楽しみにしていました。
e0186017_1244969.jpg


ノリノリな音楽と共に花火が上がるのが新鮮で…
Dancing Queenがかかったので、つい歌いながら花火を見上げていました。
e0186017_1245161.jpg

e0186017_1245218.jpg


フィナーレの最後は本当に素晴らしくて、私たちも大歓声を上げましたし、周りの人たちも歓声を上げていました。
e0186017_1245841.jpg

ノリノリな音楽と合わせての花火だったからかしら?
とにかく見ている人たちみんなが歓声を上げ、大盛り上がりの花火大会でした!

本当に素晴らしい花火大会で、45分という短い時間ながら楽しむことが出来ました。
iPhoneしか持って行かなかった割には、キレイな写真も撮れたかな、と思っています。
今回フランス人が1人来ていたのですが、彼も日本のキレイな花火に感動していました。
良かった〜。

花火終了後、ビーチから出て行く人が落ち着くまで、更に飲んで食べてを繰り返していた私たち。
最終的には花火大会が終わった1時間以上経った21:30頃ビーチを後にしました。

結局1組2名は合流出来ずでしたが、ワインとスナックを持って来ているとメールに書いてあったので、多分それを2人で食べて飲んでsurvive出来ただろうと勝手に解釈しました。
花火が終わってからも連絡が取れなかったので、携帯のバッテリーが切れたのでは?というのが私の予想でした。

帰りは他のメンバーに合わせて逗子駅からJRで帰りましたが、駅に22時頃着きましたがすごい人でした。
逗子在住の友人のアドバイスで、4両分車輛が増結される位置で電車を待っていたため、みんな座れてラッキーでした。
自宅に着いたのは23時過ぎで結構疲れましたが、楽しい花火鑑賞会でした!

ちなみに最後まで合流出来なかった友人ですが、案の定、携帯のバッテリーが切れたそうです。
しかもビーチに着いて、みんなを探し始めた途端に…
ああいう時は携帯をフルチャージして万全の体制で臨むべきなのに、そうしていなかったのは非常に彼女らしいです。
一緒に来ていた彼女のボーイフレンドにみんなが会いたがっていたのに、会えずに非常に残念でした。
私も風邪のダーリンを置いて出て来たのは、彼女のボーイフレンドに会うためだったのに…
そうじゃなかったら、花火は見たかったですが、ダーリンが心配なのでお家にいたと思います。

まあ、でも花火を楽しめたし、美味しいお酒とおつまみを堪能出来たし、私たちはとっても楽しめたので良しとします!
合流出来なかった2人、やはり可哀想ですよね…
[PR]
by aipooh55 | 2013-06-02 12:44 | 街歩き

秘苑 Secret Garden 〜 仕事でソウル Part 4

こんばんは、はにーです。

今回は昨年11月のソウル出張の続きです。

一週間半の出張だったため、お休みの土曜日にちょろっと観光に行きました。
前日、韓国チームとのディナーでオススメの場所を聞いたところ、昌徳宮の中にある秘苑 (ビウォン、Secret Garden) がこの時期とてもキレイだから行ってみたら?と勧められました。
そこで一緒に出張していたメンバーで行ってみることにしました。

まずは昌徳宮(チャンドックン)を見ました。
この宮殿は世界遺産に登録されているそうです。
ここは自由に拝観出来ます。
e0186017_1959417.jpg


その後、いよいよ秘苑へ!
秘苑はガイド付きのツアーに参加しないと入れません。
私たちのグループはアメリカ人と日本人でしたが、ちょうど良い時間が日本語ツアーだったので、そのチケットを買いました。

私たちが参加した日本語ツアーですが、2〜3割は日本人以外の方々が混ざっています。
ガイドさんが話す内容を一緒にいたアメリカ人に掻い摘んで話しながら、約2時間のツアーを楽しみました。

このツアー、思っていたよりもアップダウンが激しく、かなり良い運動になります!
結構汗をかきました〜。
そうそう、途中で一度トイレ休憩がありましたが、その後はトイレを見かけなかったので、この休憩時に行っておいた方が良さそうです。

さて、秘苑で見られる景色ですが…
とてもキレイです。
e0186017_19593815.jpg


ちょうど紅葉の季節だったので、色とりどりの木々がとても美しくて、沢山歩いた疲れも吹き飛びます。
e0186017_19594038.jpg


iPhoneで撮った写真ですが、キレイさは十分伝わりますかね…
e0186017_19594335.jpg


赤、黄色、緑の木々の自然と歴史のある建物のコンビネーションが素晴らしく、本当に素敵なお庭でした。
e0186017_19594511.jpg


沢山歩いてかなりぐったりでしたが、歩く価値は絶対にあります!
オススメです。
e0186017_19594756.jpg


季節によって違う顔を見せてくれそうなこのお庭、また是非訪れてみたいと思います。
[PR]
by aipooh55 | 2013-05-08 19:58 | Seoul (Nov 2012)

ランタンフェスティバル 〜 仕事でソウル Part 3

こんばんは、はにーです。

GWも今日で最後ですね。
自宅療養中の私は遠出はしませんでしたが、昨日、横浜の三渓園に行ってきました。
のんびり庭園を見ながらのお散歩は、非常に気持ち良かったです。
ところがゆっくり歩いたはずなのですが、帰宅後、お腹の中のキズが痛み始め、久々にロキソニンを服用しました。
まだやっぱり本調子では無い、と自覚しました。
焦らずじっくり治さなくてはですね。

さて、今日は11月の韓国出張の話の続きです。

滞在中の週末に一緒に出張していたアメリカ人たちと一緒に、ソウルで行われていたランタンフェスティバルを見に行ってきました。
仕事帰りに一度行ったのですが、なぜかランタンに明かりが灯っておらず…
遅すぎたのかしら?
そこで週末にみんなで出掛けた後に寄ってみたところ、すごい人でしたがしっかり見ることが出来ました。

清渓川沿いにずらっとランタンが並ぶのですが、毎年テーマがあるそうで、私たちが見た2012年のテーマは「ソウルのルーツ」でした。
王朝から庶民、色々な地位の昔の人々の暮らしを垣間見ることが出来ました。
e0186017_18575527.jpg

ただしものすごく混んでいて、川沿いを歩くためには列に並んで入らなくてはいけません。
すごい人なんです!
この写真で混み具合が分かるかしら?
e0186017_18584813.jpg

私たちは結局、川の「上」から眺めて歩きました。
それでも十分楽しめましたよ。
e0186017_18595472.jpg

e0186017_18564198.jpg


11月のソウルですが、夜はとても冷えます。
ヒートテックを中に着込み、厚手のレザージャケットを着ていましたが、それでも寒かったです。
それもあり、途中のお店でビールをひっかけ、お腹の中を温めてから更に歩きました。
ちょうどこのお店でトイレ休憩も出来て良かったです。
e0186017_18522230.jpg

世界中のお酒のボトルが飾られていてお洒落な店内でしたが、つい「地震が来ても大丈夫?」と不安になってしまいました。

そうそう、途中、こんな「ミレナリオ」や「ルミナリエ」を思い出させるアーチもありました。
e0186017_1911449.jpg

ここは並ばずに通ることが出来、みんなで記念撮影もしました!

このランタンフェスティバル、日本に戻って調べたらソウルナビに記事が出ていました。
リンクはこちらです
なかなかキレイだったので、ちょうど滞在中にこのお祭りがあり、楽しむことが出来て良かったです!
[PR]
by aipooh55 | 2013-05-06 19:05 | Seoul (Nov 2012)

ニライカナイ橋 ~ 梅雨明け前の沖縄 Part 2

こんばんは、はにーです。

今年6月の沖縄旅行では、初めて沖縄南部をドライブしました。
その時に絶対に寄りたかった場所、それが「ニライカナイ橋」です。
本当は「ニライ橋」と「カナイ橋」みたいですが、「ニライカナイ橋」って呼ばれていますよね?
ガイドブックに「南部ドライブでは必見!」と書かれていたので、事前にしっかり行き方を調べて訪れてみました。
インターネットで色々調べていた際、橋の手前に車を停めることが出来、そこから少し歩くと橋と海を見下ろせるスポットがある、と書かれていたのでそのページをしっかり印刷し、持参しました。

その「手前に車を停めることが出来る」という場所がこちらです。
e0186017_185572.jpg

ここにちょっとスペースがあるので、車を停めました。
私たち以外に先客が2組(2台)いました!

そしてテクテク道を歩いて行き、道の端まで行くとこんなに素敵な景色が見られます!
絶景です!
e0186017_18561618.jpg

この橋、全長660mだそうです。
私はキレイな景色に見とれていましたが、建築が好きなダーリンは橋の素晴らしさに感動していました。
確かにすごいループですよね。

しっかり橋+海と空の美しい景色を堪能した後は、車に戻って今度はニライカナイ橋を走ります!
まずはこの短いトンネルをくぐりますが、先程の写真はこのトンネルの上から撮りました。
ここに歩いていかれます。
e0186017_18574963.jpg


そして橋の上からの景色です!
e0186017_18595021.jpg

ちなみに私たち、2回橋の上を通りました。
一旦橋を通って下まで行き、また戻って(上って)再度通っちゃいました!
1回目は私が運転、2回目はダーリンが運転をし、お互いが景色を楽しめるようにです。
ダーリンは海ではなく、カーブがすごいと橋ばかり見ていましたが、お互い「素敵な景色」を堪能出来て良かったです。

このニライカナイ橋、南部観光をするときは必見です!
とても素敵な景色とすごい橋を見られて幸せでした。
[PR]
by aipooh55 | 2012-08-17 19:03 | 沖縄 (Jun 2012)

突然ですが、阿蘇 〜 ダーリンと九州ドライヴ Part 1

e0186017_20565457.jpg



こんばんは、はにーです。

ハワイ旅行記の途中ですが、今日あまりにも雄大な景
色を見て感動してしまったので、そちらについて書こ
うと思います。

ただいま阿蘇に来ています!
ダーリンとのドライヴ旅行です。

今日は阿蘇山の火口を見て自然ってやっぱりすごい!
と感動しました。
写真も沢山撮りましたが、うまく撮れているかしら⁉
とりあえずiPhoneで撮った火口の写真だけUPして、旅行
記はまたゆっくり東京に戻ってから書こうと思います


今は温泉に入ってゆったりのんびりしています!
こういう時間って最高♪


Sent from my iPhone
[PR]
by aipooh55 | 2009-11-07 20:56

天国の海ツアー ~ 6年ぶりのハワイ Part 1

こんにちは、はにーです。

6年ぶりのハワイ、本当に楽しかったです!
その旅行記 Part 1は、『天国の海ツアー』についてをお送りします。

ハワイ旅行を決めてすぐ、一緒に行った友人Kが
「前に参加してすごく良かったから、天国の海ツアーに行かない?」
と提案してくれました。
何種類か同じようなツアーが出ているようですが、本当のサンドバーを見るなら『キャプテンブルース』の天国の海ツアーではないといけないそうで、それを日本から申し込みしました。
日本からの申し込み方法も色々調べて検討し、『歩き方』を見せるとツアー料金が5%ディスカウントされるため、『ハワイの歩き方』のサイトから申し込みました。
対応も早くて親切でしたし、お支払いもDFSの入っているビルの中で出来るので便利です。

さてさて当日の朝は8時頃ホテル近くでピックアップしてもらいました。
この日はなんとボートが3槽も出るとのこと。
大人気のツアーなんですね。

まずは行きたかった『レナーズ』にサプライズで立ち寄り!
熱々のマラサダを買ってもらい、食べることが出来て嬉しかったです。
美味しかった♪
e0186017_13104532.jpg


そして到着したのがカネオヘ湾のハーバーでボートに乗り込み、そこから約10分でサンドバーに到着です!
途中、『ジュラシックパーク』の撮影で使われたコオラウ山脈を見ることが出来ます。
そしてボートはこんな感じ。
e0186017_13144071.jpg


ボートに乗ってすぐ急にシャワーが降ってきて心配でしたが、サンドバー付近は雨も降っていなくて青空も見えていました。
ただこの日の午前中のツアーは満潮に程近い時間だったため、一番引いているところでも膝下くらいまで水がありましたが、それでも綺麗な海を堪能できました。
e0186017_13105353.jpg


サンドバーで思い思いの時間を過ごした後、いったんボートに戻って今度はシュノーケリングです!
ボートを停めたすぐ近くにサンゴ礁があり、そこをスタッフの先導で泳いでいきます。
ライフジャケットを付けるので問題無し!!
お魚は色々見えましたが、沖縄でシュノーケリングをしたときのほうが綺麗だったかな。

その後はランチタイム♪
ブッフェスタイルで好きなものを取ることが出来ますが、私たちは後のほうだったのでちょっとチョイスが少なくなってしまいました。
でも美味しかったですよ。
e0186017_1314469.jpg


その後、ウミガメと一緒に泳げるポイントでシュノーケリングをしたのですが、私は見ることが出来ませんでした。
残念!
この場所はかなり流れが速いので、ライブジャケットを付けているとはいえ泳げない人には厳しいかもしれません。

その後ポイントを移動し、ウミガメが良く顔を出すところへ!
ここで私もウミガメを見ることが出来ました。
最後にかなりボートの近くで顔を出してくれたウミガメくんがいて、幸せ気分に♪
でもタイミングが悪くて写真には残せませんでしたが、ばっちり思い出には残っています!

こんな感じで盛り沢山のツアーでした。
この日は朝のお天気がイマイチだったので、午後のツアーのほうが良かったかもね、と友人と話していたのですが、午後のものはBBQ付きとのこと。
次回参加するならそっちに参加してみたいなー。

スタッフの皆さんもとても親切で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
このツアーはかなりオススメです!


『キャプテン・ブルース 天国の海®ツアー』
2250 Kalakaua Avenue Suite405
Honolulu, HI 96815 USA
808-922-2343 (日本語専用)
[PR]
by aipooh55 | 2009-11-04 13:25 | Hawaii (Oct 2009)